« いよいよ今年度も終わった | トップページ | 能州から播州へ »

伴奏だけが流れた「仰げば尊し」

 以前,仰げば尊しの強制の話を書いたが,その続編とも言うべき噂を耳にしたので紹介しておこう。
 これは,とある能登地区の中学校の卒業式での出来事。
 卒業式も終盤をむかえ,式は盛り上がって…いい雰囲気だった…最後に,「仰げば尊し」をの伴奏が流れた。が,しかし,聞こえてくるのは伴奏ばかり。ほとんど歌らしい歌ではなかったらしい。ちゃんと指導をしたのかどうかは,分からない。
「あの歌は余分だったね」と言っていた保護者もいたらしい。
 すべて人からの又聞きなので,本当の所は分からないけど,ある程度,本人達が納得する形でものごとを進めていってほしいと思う。
 そこの校長さんは,来年どうするのだろう。もっともっと早くから練習するのかな。それとも,今までどおりの「卒業の歌」だけにするのかな? 
 私が中学校に勤めていた頃,合唱が大好きな子どもたちがいて,その卒業式で「大地讃頌」を歌ったことを思い出す。合唱コンクールを思い出しながら,思いっきり合唱する姿は圧倒的だった。残念ながら,教師が用意する「仰げば尊し」に,その力はない。これは,指導法以前の問題があるからである。

|

« いよいよ今年度も終わった | トップページ | 能州から播州へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/57069306

この記事へのトラックバック一覧です: 伴奏だけが流れた「仰げば尊し」:

« いよいよ今年度も終わった | トップページ | 能州から播州へ »