« 読書感想文で『煮干しの解剖教室』 | トップページ | 「マイクロ」なのに,100万分の1じゃない話 »

桜井進著『親子で楽しむ わくわく数の世界の大冒険』

 腰巻きを見ると,著者の桜井進さんは,NHKやTBSなどの番組を監修したり,出演したりしているようですが,私は全く知りませんでした。
 1月のサークルで「こんなおもしろい本があるよ」と紹介されたのが,本書を手にとったきっかけです。
◎123456789×(好きなヒトケタの数)×9
で出てきた数字は,その好きなヒトケタの数が,ずらりと並ぶ数になります。
 それはどうしてか…。
 6年生の算数の授業で楽しめそうです。

どっかで聞いたことのある「数の計算」の話ばかりでしたが,子どもに説明するときには,分かりやすいのではないかと思います。
これを使って,計算の交換法則を教えたり,図形と数との橋渡しをしたりと,ちょっと変わった授業をすることもできそうです。
ただ,「大冒険」とは,ちょっと誇大広告過ぎかな。

|

« 読書感想文で『煮干しの解剖教室』 | トップページ | 「マイクロ」なのに,100万分の1じゃない話 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/56748811

この記事へのトラックバック一覧です: 桜井進著『親子で楽しむ わくわく数の世界の大冒険』:

« 読書感想文で『煮干しの解剖教室』 | トップページ | 「マイクロ」なのに,100万分の1じゃない話 »