« 子どもの日記帳 | トップページ | 「1m3=100cm3」としてしまう間違いへの対策になるか? »

子どもについて話す時間

 今日は2か月に1度の「支援会議」の日でした。
 うちの学校の「支援会議」というのは,自分の学級の中の気になる子や,気になる状態を出し合い,それについての,指導法や解決策などを話し合う会です。低・中・高に分かれて行っています。級外の職員もどこかの学年に参加して,自分の思いを出し合います。
 何か問題が起きてから開く「ごてごて生徒指導」とはちがい,事前に問題になりそうな部分を出し合い,早期に対策を練ろうというわけです。
 昨日は,「最近,とても前向きになった」「友だち関係が良くなってきた」というような,いい話が多く出されました。
 今年,本校に赴任された職員が,「子どもについて,じっくりと,少人数で話すこういう会があるって,とてもいいことですね」とおっしゃっておられました。

|

« 子どもの日記帳 | トップページ | 「1m3=100cm3」としてしまう間違いへの対策になるか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/56713690

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもについて話す時間:

« 子どもの日記帳 | トップページ | 「1m3=100cm3」としてしまう間違いへの対策になるか? »