« 小澤征爾・大江健三郎対談集『同じ年に生まれて』 | トップページ | 山田洋次著『映画館がはねて』 »

ひこにゃんのいる彦根城

130114 いやー,知りませんでした。彦根城が,何という大名の居城だったのかなんて…。なんと,あの井伊直弼のご先祖様たちだったんですよ。みんな知っているのかなあ。彦根城と言えば,絶対,ひこにゃんの方が有名だよなあ。でも,このひこにゃんのかぶっている兜は,井伊直弼の使用していたのを模したヤツなんですよ。たぶん。資料館にあったもん。
 前々から,一度は行ってみたいと思っていたのですが,これまでなかなか実現できませんでした。なにせ,ギリギリまで京都にいるので,帰宅途中に,滋賀に寄るような時間的余裕がないんですよ(^^;) で,時間があってもお寺見学を優先したりするしね。
130114_02 今回は,早めに京都を出て,ひこにゃんが出てくる予定の時刻に訪問したというわけです。
 この日は,あいにくの小雨(粉雪?)で,ひこにゃんは,外ではなく彦根博物館のホールに登場しました。いろんなポーズをとっていました。それをカメラに収めている自分の姿を想像すると笑っちゃいます。
 お城は雪をかぶってなかなかの味わいです。桜の季節に来ればきれいなんだろうなあって思います。でも人の数も半端じゃないだろうけど。
 冬に行動すると,人が少なくていいですが,やっぱり,寒いし,花ももみじもないし…葉っぱさえもないし…。

|

« 小澤征爾・大江健三郎対談集『同じ年に生まれて』 | トップページ | 山田洋次著『映画館がはねて』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/56556619

この記事へのトラックバック一覧です: ひこにゃんのいる彦根城:

« 小澤征爾・大江健三郎対談集『同じ年に生まれて』 | トップページ | 山田洋次著『映画館がはねて』 »