« 過冷却の連発!! | トップページ | 久しぶりの電車の旅 »

ノーム・チョムスキー著『民意と人権を語る』

 ブックオフで105円。そんな本の1冊です。久しぶりの電車の中で読みました。

 チョムスキーと岡崎氏の対談と鈴木氏翻訳の論文とが1冊になった本です。これを1冊にまとめた理由は分かりませんが,個人的にはインタタビュー記事の方が,刺激的でおもしろかったです。
 論文では,「世界人権宣言」をものさしにしてアメリカの政策を切ってくれていて,「ある視点」(今の場合は世界人権宣言)から整理して,アメリカ政府の動きを見ていくやり方は,分かりやすく感じました。
 まずは,私達が大切にしなければならない「基準」をしっかり決めておく必要があります。その一つが「世界人権宣言」というわけです。

 久しぶりに関西まで電車で旅をしました。行き帰りの8時間の電車の中で,2冊の本を読むことができました。時々寝ながら…ですからね。車だとこうはいきません。電車の旅もなかなかいいものです。ただ,湖西線が不通になったときには帰ってこれないかと思った! 米原回りで帰りました。

|

« 過冷却の連発!! | トップページ | 久しぶりの電車の旅 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/56564970

この記事へのトラックバック一覧です: ノーム・チョムスキー著『民意と人権を語る』:

« 過冷却の連発!! | トップページ | 久しぶりの電車の旅 »