« 追悼・中村勘三郎 | トップページ | 城南宮と城南離宮 »

東北の昔話と宮澤賢治の朗読

121207_02 昨晩,湯宿「さか本」で「東北の昔話と朗読」という会が開かれたので,夫婦で行ってきました。
 朗読して下さったのは,ほそかわりつこさん。「はまなす文庫」所属の方です。石川県に住んでもう30年以上になるそうですが,生まれは岩手県。ですから,岩手なまりで,楽しい昔話を聞かせてくれました。岩手山や狼森・盗森などの写真も見せてくれました。
 昔話は「すんのこ」「ばけもののはなし」「頭の大きな男の話」の3本。
 賢治の作品は「ざしき童子のはなし」「狼森と笊森,盗森」「雨ニモマケズ」の3本。「狼森…」の童話は初めて聞いた話でした。
121207 いやー,岩手弁での昔話はよかったです。行った甲斐がありました。
 さか本のシンちゃんオリジナルの豚汁やお汁粉を頂きながら,心も身体も温かくなった夜でした。
 賢治の作品は,青空文庫で読むことができます。こちらからどうぞ。↓
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person81.html#sakuhin_list_1

|

« 追悼・中村勘三郎 | トップページ | 城南宮と城南離宮 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/56276033

この記事へのトラックバック一覧です: 東北の昔話と宮澤賢治の朗読:

« 追悼・中村勘三郎 | トップページ | 城南宮と城南離宮 »