« 羽咋に来た「鶴瓶の家族に乾杯」 | トップページ | 出町柳と岩倉 »

「ごいた」というゲーム

121211 宇出津町の漁師たちに伝わる「ごいた」と呼ばれるゲームがあります。将棋のようなコマを使って,2組・4人で闘います。一人あたりコマを8個持って始めます。
 ここ数年前から,地元の方々が「ごいた」を復活して,子どもたちの中にもルールを知っている子が出てきました。今日の「テーブルゲームクラブ」では,その「ごいた」を体験して,楽しみました。
 私は,うっすらとしかルールを知らなかったので,先生役の子どもたちの頼もしい説明を聞きながら,ゲームを観戦していました。なかなかおもしろかったです。さすがに,説明するほど知っている子たちは,強い!
 「ごいた」で検索すると,ルールもわかります。

|

« 羽咋に来た「鶴瓶の家族に乾杯」 | トップページ | 出町柳と岩倉 »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/56294078

この記事へのトラックバック一覧です: 「ごいた」というゲーム:

« 羽咋に来た「鶴瓶の家族に乾杯」 | トップページ | 出町柳と岩倉 »