« 東北の昔話と宮澤賢治の朗読 | トップページ | 伏見の松本酒造 »

城南宮と城南離宮

121208 京都最後の訪問先は,娘のアパートのすぐ近くにある「城南宮」です。このお宮さんは,「方除(ほうよけ)の大社」と呼ばれていて,平安京を守る南の神様という位置づけです。熊野詣に先立ち,道中の安全を祈念したということから,方角の災いを除いてくれる方除・旅行安全の信仰が高まったそうです。
121208_02 城南宮のお庭もとってもきれいでした。新しく作庭されたお庭もあるんだろうと思います。もみじと緑がほどよく混ざって日本の庭を感じさせてくれました。コイも生き生きしていました。人もあまりいず,ゆったりと見ることができました。人混みを避けるためにここに来たのですが、よそうはどんぴしゃり!
 テレビでよく見かける「曲水の宴」が行われるのが,このお庭の一角なんです。
 
 境内には,753参りの親子連れが数組いました。みんな,着物や背広を着て…可愛いなあ。

|

« 東北の昔話と宮澤賢治の朗読 | トップページ | 伏見の松本酒造 »

百寺巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/56276140

この記事へのトラックバック一覧です: 城南宮と城南離宮:

« 東北の昔話と宮澤賢治の朗読 | トップページ | 伏見の松本酒造 »