« 鶴彬の句碑 | トップページ | 『塵劫記』からの問題に挑戦! »

片田敏孝さんから学んだ「姿勢の防災教育」

 群馬大学の片田敏孝氏の講演会がありました。これは,石川県PTA連合会地区別研究指定発表会の記念講演として設定されたものです。片田さんの講演を聴くのは,これで2度目です。やっぱり,心にズシリと来るものがありました。
 今回は,「姿勢の防災教育」という部分が頭に入ってきました。

・この場所に生きて続けていく,住み続けていくための「お作法」としての防災教育でなければならない。
・海の近くに住み,常日頃海からたくさんの恵みをもらっているからこそ,自然の災いにも近いのだ。それは時には仕方のないことだろう。
・その,100年に一度の大災害をやりすごく知恵と行動力を持つことこそ,自然の中で生きていくための条件なのだ。

 「防災教育を通じて考える地域づくり-学校と保護者が果たす役割-」と題された講演でした。学校でいくら教えてもらって「頭で理解できた」としても,家庭や地域の大人たちの言動で,その知識が「建前」となって,役立たなくなることは世の中にいっぱいあります。
 子どもは大人から言われたことをするのではなく,大人たちのすることをする。子どもは大人の背中を見て育つ…とは人口に膾炙した言葉。
 大人たちの「背中」のありようが問われる講演でした。

 3月の講演の時に書いた記事は,こちら↓ です。
 http://suzutano.tea-nifty.com/blog/2012/03/katada-1.html

 それにしても,この記事の閲覧回数は,いつも本ブログの上位(左欄の「人気記事ランキング」)に位置しています。それほど,「片田敏孝」で検索する人が多いと言うことでしょうかね。

|

« 鶴彬の句碑 | トップページ | 『塵劫記』からの問題に挑戦! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/56095822

この記事へのトラックバック一覧です: 片田敏孝さんから学んだ「姿勢の防災教育」:

« 鶴彬の句碑 | トップページ | 『塵劫記』からの問題に挑戦! »