« 筑紫哲也著『若き友人たちへ』 | トップページ | マンガで見る「宇田川榕菴」 »

こうきしん

こうきしん   こぶたはなこ

わたしは なににでも
はなを つっこみます
つまり「こうきしん」なのね

 「こうきしん」を
パラパラっと ふりかけると
せかいじゅうが
おいしくなります

121026 こんな詩が今日オジャマした学校の会議室の壁に貼ってありました。
 このブログは「世の中まとめて好奇心」。わたしは,「好奇心こそ,人間の人間たるゆえんだ」と思って自分のブログの名前につけています。それはまた,わたしの生き方の原点でもあります。
 会が始まる前にさっそくこの詩を書き写しておきました。
 帰宅しから調べてみると,工藤直子さんの『のはらうた』に載っている作品のようです。
 あなたの好奇心はどれくらいですか?
 まあ,この程度のネット情報までご覧になっているのですから,相当好奇心旺盛な方でしょうね。

|

« 筑紫哲也著『若き友人たちへ』 | トップページ | マンガで見る「宇田川榕菴」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/55976692

この記事へのトラックバック一覧です: こうきしん:

« 筑紫哲也著『若き友人たちへ』 | トップページ | マンガで見る「宇田川榕菴」 »