« 宇田川榕菴の作った言葉 | トップページ | ボーリング見学 »

歌舞伎『野田版・研辰の討たれ』

 歌舞伎というと10年ほど前までは,「そんなんオレに関係ないわ」と思っていました。でも,もともと好きだった落語から発展してきて歌舞伎の世界にも頭を突っ込んでいくと,あら不思議,とっても興味深い世界だったことに気づかされます。
 それでも,歌舞伎はちょっと…と思われる方。次のような作品をご覧になると,歌舞伎に対する見方がいっぺんに変わることでしょう。

 中村勘九郎がお笑い芸人であることを暴露した?作品です。
 そんじょそこらの笑いとは比べものにならないくらいの笑いでした。
 歌舞伎というものにちょっと近寄りがたい人は,ぜひご覧下さい。「え~,こんなのが歌舞伎なの?」と思うに違いありません。そう,これも歴とした歌舞伎の世界なのです。
 それにしてもおもしろかったなあ。

 もう,笑う場面がいっぱいだし,その演技もおもしろい。それでいて,最後には,何かを訴えてくる…赤穂浪士の討ち入りを馬鹿にすることから始まるこの作品。最後は…,その終わり方もまた…ここからはネタバレになるので…

|

« 宇田川榕菴の作った言葉 | トップページ | ボーリング見学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/55959309

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎『野田版・研辰の討たれ』:

« 宇田川榕菴の作った言葉 | トップページ | ボーリング見学 »