« 台湾は顔写真でできている | トップページ | いよいよ祭礼 »

金谷武洋著『日本語は敬語があって主語がない』

 著者が子どもの頃,父が読んでいた寺田一男著『英語に強くなる本』を読み,英語と日本語との違いに衝撃を受けたといいます。その衝撃の一節とは,日本語の「ここはどこですか?」を英語に訳すと「Where am I?」であったことだといいます。
 現代英語のための文法を日本語に当てはめることのばからしさを語り,「ある」文化である日本語独自の文法創造を提案しています。相撲の四股名にまで話題を広げて自分の主張を裏付けるのは,ちょっと勇み足かもしれませんが,なかなかおもしろかったです。
 今の学校の国語教育(文法教育)に違和感を感じている人には,読んで欲しいです。

|

« 台湾は顔写真でできている | トップページ | いよいよ祭礼 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/55692921

この記事へのトラックバック一覧です: 金谷武洋著『日本語は敬語があって主語がない』:

« 台湾は顔写真でできている | トップページ | いよいよ祭礼 »