« 長生きしているナナフシ | トップページ | 『世宗物語』 »

噴砂の跡=液状化の痕跡

120906 2012年9月6日の『北陸中日新聞』に,右のような記事が載っていました。
 京都府田辺市の門田遺跡で,1596年9月5日に豊臣秀吉の伏見城を倒壊させた慶長伏見地震が原因とみられる大規模な液状化跡が見つかった,という記事です。
 噴砂は13世紀~14世紀の遺稿を貫いていて,その上の江戸時代の地層に覆われていることから,発生を推定しています。
 今年春,寒川旭氏の「地震考古学」に嵌まったわたしは,遺跡に残る地震の爪痕の情報には敏感に反応するようになっています。

|

« 長生きしているナナフシ | トップページ | 『世宗物語』 »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/55629387

この記事へのトラックバック一覧です: 噴砂の跡=液状化の痕跡:

« 長生きしているナナフシ | トップページ | 『世宗物語』 »