« 『明治・大正 日本人の意外な常識』 | トップページ | 教研集会で感じたこと »

足はなんぼん?

 3連休の後に学校へ行くと,なんか「久しぶりだねえ」って思うのです。子どもたちは,そんな感じではないようなのですが…それはたぶん,休み中も友だち同士や少年団の活動などで会っているからなんでしょうね。
120918 今日から,2年生と仮説実験授業《足はなんぼん?》を始めました。この授業書は,「足の数に注目して,動物の分類をしてみよう」という内容です。
 授業は,「身近なアリの絵を描いてみる」という,今じゃとても有名になった「しつもん」から始まります。
 今年の2年生の子どもたちは,誰一人として正解のアリの絵を描いた子はいませんでした。
 が,
・体が3つに分かれている。
・足は6本ある。
という絵を描いている子は,半数くらいいました。
 次の時間は,校庭に出て,実際にアリを探す予定です。喜ぶだろうなあ。

 なお,この授業書の元になった絵本があります。それが右上の本です。もしかしたら,今では絶版になっているかも知れません。
 まあ,片田舎の学校であるうちの図書室にもありましたので,どこかの図書館でご覧になることは可能だと思います。

|

« 『明治・大正 日本人の意外な常識』 | トップページ | 教研集会で感じたこと »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/55704906

この記事へのトラックバック一覧です: 足はなんぼん?:

« 『明治・大正 日本人の意外な常識』 | トップページ | 教研集会で感じたこと »