« 『世宗物語』 | トップページ | 金谷武洋著『日本語は敬語があって主語がない』 »

台湾は顔写真でできている

 子どもたちの大すきな授業書に《もしも原子が見えたなら》があります。すべての物は原子でできているのですっていう難しそうな内容ですが,子どもたちはとても楽しく学んでくれています。小学生から原子・分子を教える意義とその可能性については『理科教室・2012年9月号』に板倉聖宣さんの文章が載っているので,読んでみてください。https://www.nipponhyojun.co.jp/sinkan/rika_kyousitu/201209/index.html
120913 さて,その授業の導入でよく見せるのが,「なにかが集まって一つの物に見える絵」です。これまでは,きれいな花が集まったダイアナ妃の絵を見せていました。
 右の写真は,TAIPEI101で見つけた「顔写真が集まってできている台湾島」です。ま,ダイアナ妃の絵より迫力はありませんが,「たくさんのものが集まって一つの物に見える」ってところがすきなので,ついつい写真を撮ってきました。
 以前の記事に「ガリレオは写真でできている」がありますので,こちらもお読みください。
http://suzutano.tea-nifty.com/blog/2010/06/post-09f4.html

|

« 『世宗物語』 | トップページ | 金谷武洋著『日本語は敬語があって主語がない』 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/55645074

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾は顔写真でできている:

« 『世宗物語』 | トップページ | 金谷武洋著『日本語は敬語があって主語がない』 »