« 小原講演・板倉講演 | トップページ | 井波別院・瑞泉寺 »

フォッサマグナ・ミュージアム

 全国大会の帰りも途中泊。なにせ松島から自宅までは700㎞近くあるので,とても帰る気にならないんです。
 8時には娘のアパートを出発して,途中,新潟の「フォッサマグナ・ミュージアム」へ行ってみました。ここはずっと前から気になっていた場所でして,一度は行ってみたいと思っていた施設です。フォッサマグナについて,どのような展示がしてあるのか興味があったからです。
120802 行ってみると,外観は工事中で建物の全体像を見ることはできませんでした。
 展示は,化石・鉱物博物館といった感じで,フォッサマグナについては,解説文があった程度でした。触れる化石や隕鉄(これは重かった)があったりしてそれはそれで楽しかったし,鉱物もなかなかすごい結晶のやつがあったりして見学してよかったけど…ひすい博物館って感じもしました。
 フォッサマグナと糸魚川-静岡構造線がイコールだと思っている人もいるようです(わたしもそうだった(^^;))が,それは間違い。フォッサマグナとは,略すると「大きな窪み」を意味する言葉で,面の話。糸魚川-静岡構造線は,フォッサマグナの西端の部分を指すのです。

 今,フォッサマグナミュージアムのHPを見たら,「フォッサマグナミュージアムは平成6年(1994年)4月25日に糸魚川市の美山公園にある奴奈川の郷(ぬなかわのさと)に開館した石の博物館です」と書かれているのを発見しました。なんだ,やっぱり「石の博物館」だったんだ。納得!

|

« 小原講演・板倉講演 | トップページ | 井波別院・瑞泉寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/55376035

この記事へのトラックバック一覧です: フォッサマグナ・ミュージアム:

« 小原講演・板倉講演 | トップページ | 井波別院・瑞泉寺 »