« 現金な「金の話」 | トップページ | 「非情城市」 »

松島青龍山瑞巌圓福禅寺

120815_01 松島にある青龍山瑞巌寺へ行ってきました。以前,20年くらい前に職員旅行でオジャマしたような記憶があります。本堂や庫裡などよりも,境内の入り組んだ洞(ほら)の姿に感動した覚えがあります。
 今回は,本堂などにも興味があったのですが,残念ながら平成21年~平成28年までの修理期間にあたっていて,本堂はすっぽりとシートに覆われていました。
 しかし,その分,ラッキーだったのは,庫裡や大書院が特別公開されていたことです。しかも,大書院が臨時の本堂になっていて,ご本尊や大位牌,三代開山木像などが,とても明るい環境の中で,近くまで近づいて見ることができたことでした。本堂の中だったら,ずっと後ろから見るか,薄暗い中で見ることになるでしょうからね。
120815_02 慈覚大師円仁開創の寺として,また,伊達政宗の息がかかった寺として,なかなか趣のあるお寺さんでした。
 上の写真は参道の様子です。この杉たちに赤いテープが巻き付けられています。 
 下の写真は洞窟群。見るからに凝灰岩っぽいんだけど,どこにもそんな説明がなかったように思います。知っている人がいたら,教えてください。
 

|

« 現金な「金の話」 | トップページ | 「非情城市」 »

百寺巡礼」カテゴリの記事

コメント

 瑞巌寺へ行くと有料のガイドのおばさんがいました。私たちは断ったのですが,のむさんたちはしっかり案内したもらったようです。やはりタダ見るのではわからないことがたくさんありますからね。
 最近は,寺の場合はしっかりと学習してから行くのですが,それでも案内人にはかないません。
 時間がある時には,案内人をつけるのがいいですね。滅多にこれる場所でもないし。

投稿: 管理人 | 2012年8月23日 (木) 06:25

赤いテープは津波による塩害で間もなく切り取られる木です。明治になってから植えられたそうで、100年ちょっとの命ということですね。洞窟の石は凝灰岩です。平安時代のものです。以上、ガイドさんに教えてもらいました。

投稿: のむ | 2012年8月20日 (月) 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/55441023

この記事へのトラックバック一覧です: 松島青龍山瑞巌圓福禅寺:

« 現金な「金の話」 | トップページ | 「非情城市」 »