« 金星の太陽面通過 | トップページ | 「かわいい置き手紙」の彼 »

オオフジの発芽

120608_01_2 能登町の常椿寺というお寺には,樹齢500年と言われている大きなフジの木(常椿寺のフジ)があります。このフジの木は1961年9月に県指定天然記念物に指定されました。
 このフジはタブとケヤキに巻き付いているのですが,その巻き付かれている木もすでに老木なので,今後どうなっていくのか…。まさに共倒れという状態にならなければいいが…と思います。
 さて,このお寺さんには,わけあって,よくオジャマするのですが,先日夫婦でオジャマした時に,フジのさや(実)を頂いてきました。
120608 そして,そのさやがはじけた後,水苔の中に種を入れておいたところ,今朝,芽が出ているではありませんか。
 次世代をしっかり残そうとしている姿に思わず合掌し,撮影しました。
 今後,ときどき,このフジの成長記録を紹介します。自宅にフジ棚を作れるくらいに大きくなるかなあ。

|

« 金星の太陽面通過 | トップページ | 「かわいい置き手紙」の彼 »

不思議発見」カテゴリの記事

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/54904402

この記事へのトラックバック一覧です: オオフジの発芽:

« 金星の太陽面通過 | トップページ | 「かわいい置き手紙」の彼 »