« 学校に届いた「遮光板」 | トップページ | 伏見城の見えるアパート »

石山貝塚

 石山寺の駐車場から山門に向かう途中に「大津市指定史跡・石山貝塚」という看板が立っていました。ツツジの間にあるのでちょっとわかりにくかったですが,私は見つけました!!
 その看板によると,この貝塚は昭和15年に発見されたそうです。

 合計6回の調査の結果,貝層が東西20m,南北50mにも広がり,最も厚いところで2mの厚さを持っていて,セタシジミを中心とする十種類の淡水産の貝で埋まっていたそうです。さらにその中から,屈葬人骨が5体出てきたといいます。縄文式土器もあり,琵琶湖畔~瀬田川にかけてのこの石山地区に縄文人が住んでいたのです。

120512 写真はそれを記念して建てられたらしいシジミ貝をイメージしたモニュメントです。台座に「石山縄文しじみ貝塚の塔」って書いてありました。穴の形が琵琶湖になっていますね(娘が気づいた!んだけど…)。
 写真の左端奥に写っている「洗心寮」というお店で,シジミ釜飯を食べました。このとき食べたシジミもセタシジミなのかな。お店の人に聞きそびれた(^^;)。
 お寺巡りの旅も,付け足しの楽しさがあって,それも旅行の楽しさの一つです。

|

« 学校に届いた「遮光板」 | トップページ | 伏見城の見えるアパート »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/54690135

この記事へのトラックバック一覧です: 石山貝塚:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/05/13 08:43) [ケノーベル エージェント]
大津市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 08:44

« 学校に届いた「遮光板」 | トップページ | 伏見城の見えるアパート »