« 今日の一枚 | トップページ | 安富歩著『原発危機と「東大話法」』 »

いろいろな5月21日

 先週の土曜日は,珠洲たのしい授業の会のサークルでした。
 そこでは,日食の話題がでました。
 その時間をどのように過ごしたのか…という内容です。

120528 SさんやNさんは,なんと全校児童分の日食グラスを作って「日食観測会」を開いたそうです。すべて自分で作ったSさん。作り方を教えて担任と子どもたちに作ってもらったNさん,という違いはあるものの,全員分を用意して上げるっていう意気込みは同じです。
 お二人は,前もって集会などで日食の話もしたといいます。観測会に来た子どもたちに感想を書いてもらったというところも一緒でした。その感想文集も持ってきてくれました。
 Nさんは,ビデオやカメラを用意したり,それを映し出す大型テレビまで準備したり…一方,Sさんは,ピンホールや木漏れ日などの観測など,小学校っぽく,しかもあまりマニアックにならないような対応をして楽しんだようです。
 学校勤務じゃないKさんは,通勤時に,近所のおばあちゃん方が肩寄せ合って天体現象を見ている姿をあちこちで見たそうです。学校に集まるのもいいけど,こうして近所の人たちが年齢を超えて空を見上げているのもいいものだ…と言っていました。
 私と言えば,家族3人で見ていたのですが,たまたま来たカップルと一緒に金環の瞬間を楽しむことができました。その女性は「○○ちゃん,ここに来て良かったね。スゴイの見せてもらったね」と何度も彼氏に言っていたのが印象的でした。
 上の写真は,Nさんが撮影した能登での部分日食です。きれいな黄色がいいですね。

 金星の太陽面通過が見られる6月6日には,学校にいます。
 今度は私も,学校で簡易観測会(というか観測コーナー)を設けてみたいと思っています。

追記:
 Nさんから,上の写真について,以下のような情報が届きました。太陽をカメラに収めることに興味のある方には参考になるでしょう。

 カメラは「パナソニック DMC-G3」です。
 マイクロフォーサーズタイプの一眼レフです。
 レンズは、ダブルズームキットを購入したので、そのレンズ(45-200mm)を使いました。

  この画像は、
  f値5.6   ISO(ASA)800  シャッタースピード1/80
 
 焦点距離200mm(35mm換算 400mm)
 で、撮影しています。

 アストロアーツで販売していた「日食観察プレート」をカメラの前にフィルターとして取り付けシャッターブレを防ぐために、2秒のセルフタイマーを使いました。
 そして、その画像をトリミングしてメールに添付できるようにリサイズしました。

|

« 今日の一枚 | トップページ | 安富歩著『原発危機と「東大話法」』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/54817600

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな5月21日:

« 今日の一枚 | トップページ | 安富歩著『原発危機と「東大話法」』 »