« 博物館パンフ『ナマズ・鯰・なまず大集合!』 | トップページ | ボンテンで分子模型 »

2年生と《空気と水》

 今年も級外。これで4年連続。やってられない!けど,新しい挑戦ができる立場でもあります。
 なぜかというと,級外というのは,担任の先生が,空き時間確保の為に出してくる授業を持つわけで,こっちの興味関心とは無関係の学年・教科が出されてきて,それを教頭さんとかと分けて持つわけです。だから,どんな学年のどんな教科を持つことになるのかは,わかんないわけ。
 今年は,初めて,2年生の生活科を担当することになりました。生活科というのは,社会科と理科を合わせたようなものだと思っているのですが,それに道徳的なことも含まれてくるのでちょっと嫌らしくなってくるんです。
 そんな生活科の授業。
 2日前から,《空気と水》を始めました。使う実験道具はコップと水槽だけ。至ってシンプルだけど,子どもたちは楽しんでくれています。

 今日の感想から紹介します。

・コップを持ち上げるときおもかったです。たけしくん(仮名)があたるとはおもわなかったです。じっけんしたらたのしかったです。いえでもしたいなとおもいました。水に色がついていたらわかりやすかったです。コップから水がぜんぶなくなるとおもったら,はいっていました。びっくりしました。
・水がそんなおもしろいことをするとはおもわなかったです。またしてみたいです。たのしかったです。こんなべんきょうはしたくなります。

 ん~,楽しいなあ。次の問題もびっくりするだろうなあ。

|

« 博物館パンフ『ナマズ・鯰・なまず大集合!』 | トップページ | ボンテンで分子模型 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/54566105

この記事へのトラックバック一覧です: 2年生と《空気と水》:

« 博物館パンフ『ナマズ・鯰・なまず大集合!』 | トップページ | ボンテンで分子模型 »