« 冬も人がいっぱい「平等院」 | トップページ | 再び訪れた「宇治上神社」 »

『クラウド仕事術』

 仕事術の本は,もう買わない!と何度決めたでしょうか。時間を上手に使うとか,メモを上手に取るとか,スケジュールをしっかり管理するとか…本を読んでも…。
 でも,またまた手に取ってしまいました。
 今までの仕事術で役に立っているのは,次のことくらいかな。
・朝,仕事や読書をする
 5時に起きてやっているので,1時間30分は集中できます。
・ネットに情報をためておく。HPやブログは自分の作成した情報の管理場所だと思え
 確か超整理手帳の野口さんが言っていたことのような…検索に便利です。
・隙間時間を活用する
 隙間時間はいろんな場所にたくさんあります。トイレで読書,お鍋を作りながら読書。昔のカセットテープを聞きながら料理するなど。

 これだけネットの世界が当たり前になると,デジタルとアナログの上手な管理(使い分け)で,もっと能率的に仕事がこなせるかもしれないと思います。そこで,『クラウド仕事術』を読んでみました。
 アマゾンで1円(送料は250円(^^;)でした。「残業ゼロ! 時間と場所に縛られない」と副題にあります。わたしは残業をする方ではありませんが,現場では勤務時間後2時間たっても残っている人が半数いたりします。

「クラウド仕事術」の「クラウド」という言葉について,著者は次のように書いています。

 これまでの各々のパソコンにアプリケーションをインストールして社内サーバーでデータを共有する形から,インターネット上にあるアプリケーションやデータを利用する,いわゆるクラウド(雲)型のモデルに変わってきています。(20p)

 クラウドは空に漂う「雲」のことですね。ITの環境そのものも変化しているのですから,そこでストレスなく生きようとするなら,自分の仕事のやり方も少しずつ変える必要があります。

個人で文房具を持たない。スケジュール手帳は持たない。かばんを重たくしない。高速環境には思い切って投資。夜の時間は自分磨きに。

など,いろんなヒントがいっぱい詰まっています。

|

« 冬も人がいっぱい「平等院」 | トップページ | 再び訪れた「宇治上神社」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 yusukeeeenさん。
 クラウドは時代の流れなのでしょうね。
 職場がICT化しているのに,それに対応できないと仕事もスムーズに進みません。USBを挿入しながらの仕事はストレスにもなります。忘れてきた!とか,データが開かない…なんて話をよく聞きますから。
 どうすれば,スムーズに仕事ができるのか,まだまだやれることはありそうです。

投稿: 珠洲たの管理人 | 2012年4月23日 (月) 06:30

ブログ拝見させて頂きました)^o^(

最近クラウドの話題が盛り上がりを見せてますね!調べると「プライベートクラウド」とかいろいろあって何が何だか(-"-)
でもクラウドでビジネスもどんどん活性してきてるのが楽しいですね!

もっとアプリケーション環境の拡張でビジネスプロセスを近代化させて、クラウドアプリケーションとして実行できるようにして、ますます便利になればです!

アプリケーションの近代化が今後の企業の発展になればと思います。

他にも気になる記事がたくさんありましたので、宜しかったらご覧になってみて下さい。

http://akb.cx/csp

お邪魔しました!

投稿: yusukeeeen | 2012年4月23日 (月) 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/54168082

この記事へのトラックバック一覧です: 『クラウド仕事術』:

« 冬も人がいっぱい「平等院」 | トップページ | 再び訪れた「宇治上神社」 »