« やっぱり雪あそびは楽しいね | トップページ | お祝いありがとうございました »

五木寛之著『下山の思想』

 学生時代は『青春の門』,最近は『百寺巡礼』でお世話になっている五木寛之さんの最近の著書です。読みやすくて,読後はとても心が温かくなる新書でした。

五木 寛之
幻冬舎
発売日:2011-12-09
 五木さんが最近書かれた文章をまとめた本です。タイトルが五木さんらしくて,すぐに手に入れました。
 頂上を目指して生きてきた日本人はこれからどこへ行くのか。復興というのはもう一度山を目指してひたすら上り続けることなのか。そうではなく,山から下りていく思想こそ,今後の日本には必要ではないのか,そう説いています。
 これからも,私たちはやっぱり「世界で一番」を目指すべきなのでしょうか。何よりも(人の命よりも)世界で一番の経済大国を目指してきた結果が今回の大震災につながったとすれば,レンホウ大臣に言われなくても,そろそろ私たち自身で気づくべきなのだと思います。
 それは決して情けなくて覇気のない道ではなく,新しい風景を余裕を持って感じながら進んでいくことができる道なのだと五木さんは教えてくれます。
 本書の文章は,たぶんいろいろなところに書かれた小編をあつめたものなので,同じような文章が重複して出てきて,ちょっと物足りないと思う方もいるかもしれません。
 

 これから,五木さんの本を読み始めるかもしれないなあという予感がしています。だんだん宗教懸かってくる???

|

« やっぱり雪あそびは楽しいね | トップページ | お祝いありがとうございました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/53889733

この記事へのトラックバック一覧です: 五木寛之著『下山の思想』:

« やっぱり雪あそびは楽しいね | トップページ | お祝いありがとうございました »