« 30人近くのお坊さんの「正信念仏偈」 | トップページ | やっと見終わった「王と妃」 »

うれしい話

 先日,学校の玄関前にできている雪山(雪すかしの時にわざと山にしておく)で特別支援教室の子と体育?の授業をしていたところ,近くのピアノ教室の先生が通りかかりました。うちの学校の玄関前は一般の方の通路にもなっていますので…。
 そのピアノの先生との会話。
ピアノ「先生,楽しい図工をしていらっしゃいますね。理科の先生なのに…。」
わたし「何で知っているんですか?」
ピアノ「子どもたちが学校帰りにピアノに来るので,時々作品を持ってくるのを見ているからです。子どもたちに先生だれ?って聞いたらO先生だと教えてくれました。ガイコツもありましたね。そういえば,あの空と野草の作品やもやしも面白いですねえ。あれって先生が考えたのですか。」
わたし「いや,キミ子方式と云って,そんな絵の描き方があるんです。子どもたちは喜んでやるので取り入れています」
ピアノ「じゃあ,また…」
 この方の息子さんを担任したのが5年前。今は高校生になっています。そのときの図工は授業時数の関係で他の方に持って頂いていました。そんな私が図工をしているので,余計に興味を持ったのだと思います。本校では,これまで「理科の先生」で通っていますからね。
 それにしても,こうして授業の話で井戸端対話ができるのが楽しいです。

|

« 30人近くのお坊さんの「正信念仏偈」 | トップページ | やっと見終わった「王と妃」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/53987804

この記事へのトラックバック一覧です: うれしい話:

« 30人近くのお坊さんの「正信念仏偈」 | トップページ | やっと見終わった「王と妃」 »