« 子どもの授業感想 | トップページ | 教え子の姿と「補助線」 »

白雉山岩倉寺

111130  先に紹介した流紋岩の風化により自然が作り上げた露頭「千体地蔵」へ行く前に,近くにある岩倉寺というお寺におじゃましました。その日は,あまりにも天気が良かったために,ついつい昼頃から出かけてみたというわけです。
 岩倉寺は,岩倉山という山の中腹にあります。でも門の前までは車で行けるので便利です。
 ここは北陸三十三観音霊場・第十六番札所となっているようです。
 山菜料理が名物で,十一月末までやっているのですが,私が「行こう」と決心したのが当日のお昼前だったので,「今から準備はできません」と断られました。そりゃそうですね。訪問前日までに予約をして欲しいそうです。
 それで,山菜料理はまた次の機会ということにして,近くの曽々木食堂で能登丼を食べてからおじゃましました。
111130_02 上の写真は,駐車場から二つ目の門(仁王堂)の向かって右側にいた仁王像です。下の邪鬼の顔がおもしろいです。
 下の写真は,中庭から見た紅葉の景色です。
 このお寺からも,千体地蔵へ行けます。700m,上り下りのある約20分くらいの道のりでした。最後の坂はしんどかった…。

|

« 子どもの授業感想 | トップページ | 教え子の姿と「補助線」 »

百寺巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/53368715

この記事へのトラックバック一覧です: 白雉山岩倉寺:

« 子どもの授業感想 | トップページ | 教え子の姿と「補助線」 »