« 千枚田の「太陽電池+LED」によるライトアップ | トップページ | 白雉山岩倉寺 »

子どもの授業感想

 わたしが教師になってからずっと行ってきた「仮説実験授業」という授業では,授業のあとに,よく子どもたちに感想を聞くことがあります。それは「授業の善し悪しは子どもが決める」という姿勢を貫いているからです。これは普通は当たり前の感覚だと思うのです。が,教育界ではなかなかそうはいきません。「子どもたちが発言したからいい授業だ」「子どもたちが静かに取り組んでいたからいい授業だ」「ある特定の子に発言が偏っていた」「板書がきれいだったので,子どもたちはよく理解できただろう」なんて,まあ,その授業を見て,それぞれが気付いたことをあれこれいったりするんです。
 さてさて,そんなわけで,子どもたちにはちゃんと授業の感想をとってみました。
 5年生とやった《花と実》という授業のものです。2つ紹介します。上は女子,下が男子。

○ 理科の時おぼえたことを家族に問題として聞いてみたら,答えられないことがたくさんあったから,もっとためしたい!と思いました。だから理科の授業の問題がとても楽しみでした。自分でもとてもビックリすることもありました(イチジク,パイナップル,松の花など…)。
○ みんなで意見を言い合ったり,「○○には花はさかない」とか「花はさく」とか意見が分かれて言い合って,みんなで答えをといたのがとても印象に残りました。

 教科書に出ている範囲で「花と実」を教えることもできるでしょう。でも,こんな感想はなかなかもらえないでしょう。科学的な知識として,しっかり「花から実へ」を教える授業だからこそたのしい授業になるのです。

|

« 千枚田の「太陽電池+LED」によるライトアップ | トップページ | 白雉山岩倉寺 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/53360911

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの授業感想:

« 千枚田の「太陽電池+LED」によるライトアップ | トップページ | 白雉山岩倉寺 »