« 塚田誉講演会 | トップページ | 「なにわホネホネ団」という団体 »

高山文彦著『火花-北条民雄の生涯』

 北条民雄の伝記です。とても読み応えがあります。ハンセン病の歴史をあまりご存じない方も,その入門書として読めると思います。癩の父と言われていた光田健輔の話も出て来ます。光田健輔と言ったってよく分かんないですよね。失礼…。

 19歳でハンセン病になり,多摩全生園に入所。たったの23歳で夭逝した作家,北条民雄の生涯を描いた伝記です。
 本書には,民雄と交流のあったハンセン病患者仲間だけではなく,民雄の作品を世に広めた川端康成との関係もたくさん出てきます。だから,ハンセン病患者をめぐる当時の世相だけではなく,文壇の様子も垣間見ることができます。
 この文庫本の解説で柳田邦夫氏も書いているように,この伝記はとても良くできています。というのは,当時のらい病患者は,らい病だとわかったとたんに親兄弟からも隔絶されて本名も忘れたように過ごさねばならなかったのです。そんななかで,これだけ読み応えのある伝記を書けるというのは,並大抵の取材と編集では無理です。
 とにかく,いろんな人に読んで欲しい伝記です。

 北条民雄の作品は,『いのちの初夜』(一昨日のブログに書きました)以外にも,2冊組全集が出版されています。いずれ手に入れて読むつもりです。

|

« 塚田誉講演会 | トップページ | 「なにわホネホネ団」という団体 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/53260821

この記事へのトラックバック一覧です: 高山文彦著『火花-北条民雄の生涯』:

« 塚田誉講演会 | トップページ | 「なにわホネホネ団」という団体 »