« 能登海洋深層水施設へ行って来ました | トップページ | ヒガンバナのその後 »

低温で作る塩

 能登海洋深層水施設に行ったときのこと。初めて知ったことがありました。それはここで作られている製塩の仕方です。
111020  わたしはてっきり,海水をグツグツ煮て作るか,化学的に取りだしているのかと思ったのですが,ちがっていました。
 原水より少し濃くなった濃縮水(塩分5%)を写真のような製塩プラントに流し込みます。ここで,非直火型低温製法と言われる方法で,60度以下の温度で5日間かけて約2トンの濃縮水から約60キロの塩を取りだすそうです。
 沸騰させて製塩したときとは微妙に違う塩ができるんでしょうね。たぶん。
 こうして得た塩は,100gで500円です。
 ご購入は例えば下のHPに出ています。 
 http://www.notostyle.jp/index.php?id=797&listid=93

|

« 能登海洋深層水施設へ行って来ました | トップページ | ヒガンバナのその後 »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/53036471

この記事へのトラックバック一覧です: 低温で作る塩:

« 能登海洋深層水施設へ行って来ました | トップページ | ヒガンバナのその後 »