« 児玉龍彦著『内部被曝の真実』 | トップページ | 仏穴と見仏上人 »

曼珠沙華(ヒガンバナ)

 自宅から学校まで車で約20分。毎日15㎞くらいの運転です。その間,海沿いを通るのは恋路海岸くらいなので,ほんの1分ほど。あとは,田んぼや山の中や小さな集落の中を運転します。
111005 だから,季節によって,田畑や山の様子が変わっていくのを楽しむことができます。
 今は,ヒガンバナの最盛期。川の土手や田んぼの近く,木の根元などに,真っ赤な花の塊を見ることができます。
 ヒガンバナは,いきなり満開!ってな感じで開きます。昨日までそこには何もなかったのに,一気に咲いているのです。しかも葉っぱがないので,赤い色がすごく目立ちます。葉っぱは,この花が枯れてから出て来ます。だから気付きにくいんですね。
 今回は,ちょうど花粉の観察をしていたので,ユリやトルコキキョウなどと一緒に,このヒガンバナの花粉も観察しました。

|

« 児玉龍彦著『内部被曝の真実』 | トップページ | 仏穴と見仏上人 »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/52920625

この記事へのトラックバック一覧です: 曼珠沙華(ヒガンバナ):

« 児玉龍彦著『内部被曝の真実』 | トップページ | 仏穴と見仏上人 »