« 長野・群馬県境 | トップページ | ロバート・ゲラ―氏が講演! »

ロバート・ゲラ-『日本人は知らない「地震予知」の正体』

 以前,このブログで紹介した『人は皆「自分だけは死なない」と思っている』の第五章「地震予知・防災常識のカラクリ」で触れられていたロバート・ゲラ-という学者の書いた本を読んでみました。実は,『人は皆…』と並行して読んでいた『たのしい授業2011年10月号』の板倉先生の記事「心理は実験によってのみ決まる」にも,ロバート・ゲラーのことがわりと詳しく紹介してあり,ビックリ。ますます本書を手に入れたくなったのでした。
 これが大変おもしろくて刺激的だったので,すぐに読んでしまいました。

 本書は,東日本大震災後に書かれたものですが,紹介されている内容はほとんどが以前から予言?されていたことです。
 この半世紀,日本は,東海地震(地震が起きる前から名前がついている!!変な地震?)ばかり心配しているあいだに,それ以外の場所で何度も地震が起きて,大きな被害が出ています。
 地震学者たちはこれらの被害に対して「想定外」という言葉で済ませて来たのです。そんなことってありですか?

東京大学理学部教授 ロバート・ゲラー
双葉社
発売日:2011-08-27
「地震予知はできる」「地震予知ができると信じたい」と思っている人たちが日本にはたくさんいるようです。私も以前はそうでした。
 地震学者たちも,地震予知のための予算を獲得しようと必死です。特に将来起きるであろう「東海地震」を予知するために…。
 しかしロバート・ゲラー博士は「地震予知は無理だ」といいます。そのわけは…本書を読んでください。
 日本は地震国であり,地震は日本のどこにでも起きるのだから,どれだけやっても実現しない予知のための研究などに多額の国費を費やすよりも,全国の耐震工事や減災の対策のために血税を使う方がより必要であり,それこそ喫緊の課題だと言っています。
 阪神淡路大震災,東日本大震災は,まったく予知していない所で巨大なものが発生しました。そろそろ方針転換をしないと,また,どこかで(東海地方以外で)大きな被害が出てしまう可能性があります。
 また,「予想が当たるとはどういうことなのか?」といった科学的なものの考え方の基礎も学ぶことができます。まるで後出しジャンケンのように,あることが起きてから予兆現象を付け足すという姿勢はまったく科学とは相容れないものなのです。
「地震予知はできるという“マインドコントロール”にこれ以上騙されてはいけない!」(腰巻きより)

 最後に本書から引用を一つ。
 プリンストン高等研究所で活躍したフリーマン・ダイソン氏(物理学者)の言葉を借りるならば,「新しくエキサイティングな理論にぶつかったときの科学者の職業的義務はその理論が誤っていることを証明しようとすること」なのである。これこそが科学の神髄であり,科学が正当であるための方法なのだ。 (P145)

|

« 長野・群馬県境 | トップページ | ロバート・ゲラ―氏が講演! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>「将来地震が起こる」と思う人はいても「いま何かをしているときに地震が起こるかもしれない」と思って生きている人はいないわけです。

そうですよね。そんなこといちいち考えていたら病気になってしまいそうです。
でも,そういう万が一のために備えて少しずつ自分の周りからでも準備しておく必要があるのでしょうかね。
アメリカでは,ある程度の家庭では,1ヶ月分の緊急物資を蓄えておくのが常識だと,何かの本に出ていましたが,本当でしょうかね。

今週,うちの学校でも津波を想定した避難訓練を始めて行います。どうなるこっちゃ。

投稿: 珠洲たの管理人 | 2011年10月15日 (土) 21:46

“「ミネルヴァのフクロウ」が朝飛び立てる”ようになれば「学問」は未来を予測できるようになるでしょうが、現在は夕暮れに飛翔(事後を解説)することが限度ですね。

予言ではなくて、それは事実なのです。
以前、震度4に設計している原発は震度7には耐えられないと述べましたが、これは当然の話であって、震度4に設計して震度7が耐えられるのならみんな震度4に設計すればことは済むということになります。

環境の分野は非常にわかりやすいですが、地球温暖化しないためにお金を使おうとする動きが多いですけれども、実際はその逆で「地球温暖化したときのためにお金を貯えておく」方がよっぽど役に立つと思うんですね。
太陽光パネルで某社長が「休耕田」にパネルを設置するといった話をしていましたけれども、これだって「なぜ休耕しているか」を突き詰めると、「地区でもっとも日照時間が少ない」などが挙げられるわけで。

「将来地震が起こる」と思う人はいても「いま何かをしているときに地震が起こるかもしれない」と思って生きている人はいないわけです。

投稿: salir | 2011年10月15日 (土) 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/52995024

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・ゲラ-『日本人は知らない「地震予知」の正体』:

« 長野・群馬県境 | トップページ | ロバート・ゲラ―氏が講演! »