« 北國新聞社編集局編『禅(Zen)-鈴木大拙』 | トップページ | サムゲタンの店・土俗村 »

豆石

110912  家から南に1㎞ちょっと行くと恋路海岸に出ます。
 その海岸に行きつく前の海側の岩の塊の上に家が一軒建っています。その岩の地層は凝灰岩でできています。
 その白色凝灰岩の地層の中に「豆のような石」がたくさん入っていることに気づきます。これはどうのようにしてできたのでしょうか?
 藤則雄監修『石川の地形・地質案内』(東京法令出版)によると,

火山灰の陸上での堆積中に降雨があり,雨滴が灰を固めてできたとする説と,火山噴出時に火山灰が降下する際,空中で次第に降下粒が大きくなって同心円状構造を生じたとする説などがある。(54p)

と書かれています。
 家の近くで見れる大地の変化の名残は貴重な学習教材です。

|

« 北國新聞社編集局編『禅(Zen)-鈴木大拙』 | トップページ | サムゲタンの店・土俗村 »

授業のネタ」カテゴリの記事

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/52712144

この記事へのトラックバック一覧です: 豆石:

« 北國新聞社編集局編『禅(Zen)-鈴木大拙』 | トップページ | サムゲタンの店・土俗村 »