« 「私たちの当たり前」が世界農業遺産 | トップページ | レベッカ・ソルニット著『災害ユートピア』 »

いろいろな周波数

 今日の理科部会で,「いろいろな周波数」というHPのことを教えてもらいました。
 私たち人間が聴くことのできる周波数帯は,限られています。同じ人間でも子どもたちの聞こえる周波数帯の方が広いようです。
 以前,いろいろな周波数の音を聞かせるCDというのがあって,それを授業で紹介したりしたことがありましたが,こうしてネットで利用できるのはうれしいですね。
 理科分科会では,モノの振動が速くなり,周波数(振動数)が高くなると,音になって聞こえてくる…という話が出ていました。
 さて,あなたは何Hzから何Hzまで聞こえますか?
 私はすでに,200Hzからしか13000Hzしか聞こえませんでした。ただし,イヤホンをつけると20~20050Hzまでokでした(^^;)
 部会で出た話だけど,パソコンのスピーカーそのものが,この範囲よりも狭い音しか出せないってこともありえるんでしょうかね。

いろいろな周波数(可聴周波数などの実験)
 http://www-antenna.ee.titech.ac.jp/~hira/hobby/edu/sonic_wave/sine_wave/frequency/index-j.html

|

« 「私たちの当たり前」が世界農業遺産 | トップページ | レベッカ・ソルニット著『災害ユートピア』 »

授業のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/52821542

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな周波数:

« 「私たちの当たり前」が世界農業遺産 | トップページ | レベッカ・ソルニット著『災害ユートピア』 »