« 小出裕章著『原発のウソ』 | トップページ | 韓国の公園で »

台風ってどこいった?

110903 台風12号の被害は大変な雨をもたらしているようです。とっても心配です。
 でも,能登半島では,ずっと前から「強風域」に入ったはずなのに,ほとんど強い風は吹いていません。いつもよりも弱いくらいです。昨日の放課後の方が強い風でした。あの「強風域」というのは,単に「気圧の変化が大きい部分」という意味のなのでしょうか。本当に「強風が吹く」と予想されている部分なのでしょうか?
 今日一日,近くの神社の境内で15日の祭礼のための準備をしていましたが,台風が近づいているという様子はまったく感じませんでした。
 雨の様子は,天気図にもよく出て来ますが,風がどこでどれだけ吹いたのかという図をあまり見たことがありません。強い風が吹くかどうかは予想できないのでしょうか????

|

« 小出裕章著『原発のウソ』 | トップページ | 韓国の公園で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

salirさん,情報をありがとうございます。
風予報をしてくれている人がいるんですね。

実は,うちの地区の祭りは山車をひっぱる祭りです。これを一から組んで作っています。
その山車には,大きな5枚の岩山という屋根をかぶせるのですが,それはパイプと布でできたとても風に弱いものです。ですから,せっかく作ってもすぐにこわれては困るので,昨日は仕事をストップしました。

紹介されたページを見ると,石川は夜中に10mの風が吹くくらいのようなので,今日は何とか仕事ができるかなあ。

8時30分から今日も1日,神社でがんばります。

投稿: 珠洲たの管理人 | 2011年9月 4日 (日) 07:45

「荒らしの前の静けさ」といったところでしょうか。

台風の中心付近、平均風速15m/s以上(25m/s未満)が「強風域」と気象庁は定義付けしていますが。。。同心円で台風が動くとは限りませんのでね。4日明け方から朝にかけ最も近づく見込みです。とくに、台風の右側になる地域は、より強い影響を受けるので注意が必要です。

台風予報については、気象業務法で認可を受けた予報会社であっても予報できないことになっており、気象庁が一元的に発表することになっています。


風の予想ですが、どうも簡潔に天気予報を行いたい局や気象予報士がいる局では、どうしても大まかなものや、傘がいるかいらないかくらいしか放送しません。天気図や衛星画像を公表しない傾向にあります。局にはさまざまな技術等があり、
http://www.tbs.co.jp/weather/forecast/rainwind/wind/
積極的に公開している局や、予報士さんもいらっしゃるのですが…。

投稿: salir | 2011年9月 3日 (土) 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/52639115

この記事へのトラックバック一覧です: 台風ってどこいった?:

« 小出裕章著『原発のウソ』 | トップページ | 韓国の公園で »