« 鶴見俊輔著『かくれ佛教』 | トップページ | 3年教室にガイコツの集団 »

「加賀藩主」の日本手ぬぐい

110711  忍者寺に行った際,近くの民芸品店「のむらや」で「加賀藩前田氏系図」の日本手ぬぐいを手に入れました。前田家のことについて,調べてみようかと思っていたこともあって,1枚くらい買っておこうかと思ったのです。
 第13代藩主斉泰は,能登行幸にも出かけていて,それを元にした授業もやったことがあります。この江戸時代の学習の時に,この手ぬぐいを掲示しておくだけで,少しは,石川の江戸時代の話もできるかもしれません。徳川だけが江戸ではないのですものね。でもそのためには,前田家のことをもう少し学習する必要があるようです。

 ウィキペディアでは,前田利家を藩祖とし,前田利長を第1代藩主としています。でも,普通第1代は,この手ぬぐいのように利家さんから数えるのですが…。これってどう判断すればいいのでしょうか? だれかご存じの方教えて下さい。

|

« 鶴見俊輔著『かくれ佛教』 | トップページ | 3年教室にガイコツの集団 »

授業のネタ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/52180902

この記事へのトラックバック一覧です: 「加賀藩主」の日本手ぬぐい:

« 鶴見俊輔著『かくれ佛教』 | トップページ | 3年教室にガイコツの集団 »