« 『これでいいのか福島原発報道』 | トップページ | 鶴見俊輔著『かくれ佛教』 »

南スーダンの国旗

800pxflag_of_south_sudan_svg  仮説実験授業≪世界の国旗≫をやってから,国旗にうるさくなりました。
 今日独立したという南スーダンの国旗も気になったのでネットで調べてみました。新国旗は右のようなものでした。まさにアフリカ色の6色です。黒は「民」(黒人)を,赤は内戦で命を落とした人々の「血」を,緑はアフリカの国土,白は「平和」を意味しているそうです。また水色は「ナイル川」で,その中心部にある黄色(金色)の星は「団結」を表しています。この黄色の☆は,「ベツレヘムの星」「クリスマスの星」とも呼ばれキリスト教にとって大切な星です。
600pxflag_of_sudan_svg  もともとスーダンはイスラム教の国でしたが,南部地方はキリスト教徒が多く,それが内戦の火種となっていたようです。国旗の形はもともとのスーダンの旗(真ん中)とあまり変わりませんが,「ベツレヘムの星」があるかどうかは,独立派にとってはとても大切なのです。
Flagsplm  南スーダンの国旗は,もともとスーダン人民解放軍(SPLM)の旗でした(一番下)。ただし,星は傾いていませんでしたが…。 
 下のページはSPLMのサイトです。新国家が流れてきます。

http://www.splmtoday.com/index.php?option=com_content&view=article&id=612:south-sudans-coat-of-arms-national-anthem-and-flag&catid=1:latest&Itemid=2

|

« 『これでいいのか福島原発報道』 | トップページ | 鶴見俊輔著『かくれ佛教』 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/52165667

この記事へのトラックバック一覧です: 南スーダンの国旗:

« 『これでいいのか福島原発報道』 | トップページ | 鶴見俊輔著『かくれ佛教』 »