« 『金沢城下町-社寺信仰と都市のにぎわい』 | トップページ | 志賀原発運転再開・賛成15% »

土壇場ってどんな場所?

 普段使っている言葉でも,元々の意味を知って使っているものってあまりありません。
 この春に京都大原のお寺巡りをしたときに,宝泉院にもおじゃましました。そこのお坊さんはなかなか話し上手な人で,僅かな時間でしたが楽しいひとときを過ごしました。宝泉院には血糊のついた天井があるってことでも有名です(今年の5月13日のブログを見よ)。
 さて,その時の和尚さんの話題。
「みなさんは土壇場ってどんな場所か知っていますか?」
「土壇場というのは,処刑をするために持った土のことですよ」
というのです。土壇場の大逆転なんて平気でつかっていますが,もともとはすごい言葉ですね。
 kotobankで調べてみました。
「近世,首切りの刑を行うために築いた土の壇。前に穴を掘る。土壇(どだん)」
ですって。お~こんな怖い場所には立ち合いたくない。

110628 右の図は
徳川幕府刑事図譜 <49 御様の図>
土を70センチ余り高く盛った土壇場の上に刑死体を置き、試し斬りをしている図

です。苦手な人は拡大して見ない方がいいと思います。
明治大学博物館のサイトより。http://www.meiji.ac.jp/museum/criminal/keijizufu/ 

|

« 『金沢城下町-社寺信仰と都市のにぎわい』 | トップページ | 志賀原発運転再開・賛成15% »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

のむさん,やはり好奇心に勝てませんでしたか。
ついでに明治大学博物館のリンクも見てみてください。昔の人もいろいろな場面を絵にして残していることに驚くことでしょう。

投稿: 珠洲たの管理人 | 2011年6月29日 (水) 06:30

拡大して,よ~く見ました。のこぎりで板を切る時に,作業台のすみっこに置くのと同じような感じかなあ。これから「土壇場」と言うたびに,思い出しそうです。

投稿: のむ | 2011年6月29日 (水) 04:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/52069949

この記事へのトラックバック一覧です: 土壇場ってどんな場所?:

« 『金沢城下町-社寺信仰と都市のにぎわい』 | トップページ | 志賀原発運転再開・賛成15% »