« 生きもの飼育コーナー | トップページ | イモリのフレッドが脱皮する様子 »

アカハライモリ(赤腹井守)

110624_01  それでは学校の人気者を紹介していきましょう。
 まずは,アカハライモリ(赤腹井守)。ニホンイモリとも呼ばれているようです。
 10日ほど前から水槽で飼っています。イモリを捕まえた2年生の子どもたちは「トカゲがいた!」といって私のところに持ってきました。でもイモリはトカゲの仲間ではなく両棲類です。
 イトミミズなど,水中にいる小さな生きものを食べているので最初は生き餌をやっていましたが,一昨日あたりから「乾燥アカムシ」を食べてくれるようになりました。これで一安心です。
110624_02 昨日の放課後,じっと見ていると,なんと脱皮を始めました。イモリが脱皮するなんて初めて知りました。自分の皮を口にくわえて,とても器用にしっぽの先までぺろりと向いていました。そしてそのむき終わった皮をそのまま食べてしまいました(上の写真が脱皮したあとのイモリちゃん)。
 ほとんど田舎でくらしてきた私でも,能登の文化や能登の生きものにはまだまだビックリさせられます。
 下の写真は威嚇しているのではなく,明らかにあくびのようでした。

|

« 生きもの飼育コーナー | トップページ | イモリのフレッドが脱皮する様子 »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/52027459

この記事へのトラックバック一覧です: アカハライモリ(赤腹井守):

« 生きもの飼育コーナー | トップページ | イモリのフレッドが脱皮する様子 »