« なまえデザイン | トップページ | 電気自動車専用充電コンセント »

宝泉院

110513 宝泉院は実光院と並んで,大原寺勝林院の僧院です。ここも「抹茶付き拝観料」でしたが,「抹茶はさきほど実光院で頂いてきました」と言ったら,その分の料金をひいてくださいました。ありがたいことです。
 お部屋からはとてもきれいなお庭が見渡せます。この庭は「額縁庭園」といって,部屋の柱と柱の空間を額に見立てて鑑賞するのがいいそうです。コマーシャルにも使われたことがあるとか。
 ちょうど坊さんが,この寺の説明をしていました。時々笑いのあるお話で…私たちは途中からでしたが…思わず耳を傾けてしまいました。で,私は,最後には,ずうずうしくも(というか受けを狙って…),
「ところでご職業は何ですか?」
とお聞きしたところ,
「いちおう坊主をやっております。吉本ではありません」
という言葉が返ってきました。粋だねえ。

110513_02 この客殿の廊下の天井は「血天井」と呼ばれているそうです。確かにそう言われてみると,血痕の残った部分が見受けられました。受付で頂いたパンフレットによると…。
 慶長五年関ヶ原合戦前,徳川の忠臣・鳥居元忠以下数百名が豊臣の大軍と戦い伏見城中で自刃した。その武将達の霊をなぐさめ,供養のために,自刃した場所のものを天井にして祀ったものである。
と,書かれていました。なんとも気持ちの悪い天井でした。で,例の彼は,
「よくこんな天井の下で,何も気付かずに,お茶が飲めますね」
だって。
 それにしても,おもしろいお坊さんでした。御朱印も彼に書いて頂きました。

|

« なまえデザイン | トップページ | 電気自動車専用充電コンセント »

百寺巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/51652984

この記事へのトラックバック一覧です: 宝泉院:

« なまえデザイン | トップページ | 電気自動車専用充電コンセント »