« 山菜づくし | トップページ | ヤマブキの花 »

ボンテン分子模型

 仮説実験授業《もしも原子が見えたなら》が終わりました。この授業書は,「すべてのものは原子で出来ている」ということを伝えるものですが,子どもたちには大人気です。当然,先生たちにも大人気です。仮説実験授業研究会内のアンケートでも「昨年の使用授業書ナンバー1」に選ばれていました。
110517 私もほとんど毎年やって来ましたが,今年始めて挑戦したのが「ボンテン分子模型」です。
 これはボンテンという手芸用の小さな玉?を使って分子模型を作るものです。約5000万倍の分子模型ができます。
 今までは発泡スチロール球を使って授業書と同じ大きさのものを作っていたのですが,この方法だと,いくらすべてのスチロール球をカットしておいても,全員がつくるのに軽く2時間はかかります。前もって,1クラス分のスチロールをカットするのためには,もっと沢山の時間がかかります。
 今回のボンテン方式は,ここ数年,研究会仲間で開発されたものです。1時間で全員が作り終えることができ,しかもかわいいです。

|

« 山菜づくし | トップページ | ヤマブキの花 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

tomoさま
アイランドさんへのコメントに書いたように,研究会の仲間が作成したものなので,一度,聞いてみます。しばらくお待ち下さい。

投稿: 管理人 | 2015年8月 7日 (金) 05:40

はじめまして。
突然のコメント失礼します。
私は小学生の頃仮説実験授業(もし原)を受けて大きくなり今は大学の化学部門に勤務しております。
この夏、子どもの自由研究で仮説実験授業をやりたくて。
もしも原子がみえたなら(00210)
モルQ(分子カードゲーム)(38004)
ボンテン分子模型もし原材料セット(36455)
購入しました。
とっても楽しかった授業を子どもに教えてあげたく台紙のPDFおくっていただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿: tomo | 2015年8月 6日 (木) 12:43

台紙のPDF欲しいです!送ってください。また山吹の花の写真もホームページから保存したのですが、もっときれいな画質があれば欲しいです。みごとな花ですね。よろしくお願いします。

投稿: アイランド | 2011年5月19日 (木) 06:58

この台紙は,研究会の湯沢さんが昨年の全国大会でレポートしていたものです。で,連絡を取ってPDFファイルをもらいました。
もし必要ならば送ってあげます。2次配布でも研究会内部だからOKでしょう。

投稿: 珠洲たの管理人 | 2011年5月18日 (水) 06:27

ぼんてんの分子模型かわいいですねえ。こうやってきちんと貼りつけるといい感じです。台紙は作られたのですか?私も欲しいです。

投稿: アイランド | 2011年5月18日 (水) 05:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/51692441

この記事へのトラックバック一覧です: ボンテン分子模型:

« 山菜づくし | トップページ | ヤマブキの花 »