« サークルの日 | トップページ | 水分子の雨をふらせました »

地元で落語もいいもんだ

110417  地元の「さか本」さんで「夜桜寄席」があるというので出かけていった。
 「さか本」さんは,わたしの昔からのお友だち。旅館の経営もうまく,田舎を生かして、おいしい料理でもてなしてくれると観光客からも好評な旅館だ。リピーターもたくさんいるらしい。昨年は,ナトセン(名取弘文)が来るというので,内輪の夜の会に混ぜてもらったこともある。もっとずっと前には韓国のサムルノリが来て,一緒にお酒を飲んだこともある。まあ,そんなたのしい文化的な人たちが集まる場所でもある。
 今回は,立川一門の若い者たちがやってきて落語をしてくれるというのだ。申し込んだ頃にはあいにく弁当は売り切れだったので,かみさんが作った(というか買ってきた)弁当をもって出かけた。桜は満開とまではいかなかったけれど,とてもきれいだった。
 出演は,立川しらら,吉幸,らく次の3名。「長屋の花見」「火焔太鼓」ともう一つやってくれた。やはり息のかかる場所で聞くのもいいものだ。会場では,退職された先生方にも久しぶりに会って,旧交を深めたのだった。

|

« サークルの日 | トップページ | 水分子の雨をふらせました »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

なにせ急だったもので…
弁当も売り切れでした。

投稿: 珠洲たの管理人 | 2011年4月24日 (日) 07:01

しららさんと吉幸さんは,
二三味さんで聞いたお二人です。

教えてほしかったです。

…まぁ,私も先日,志の輔行ってきましたが。
でもあれは金沢だったし。

次は情報くださいhappy01

投稿: こすもす | 2011年4月18日 (月) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/51423444

この記事へのトラックバック一覧です: 地元で落語もいいもんだ:

« サークルの日 | トップページ | 水分子の雨をふらせました »