« 「よい風呂の日」だなんて… | トップページ | 益谷秀次と能登線 »

キミ子方式で「もやし」

110427  図工の2つ目の題材は「もやし」です。キミ子方式の定番です。
 キミ子方式では,「三原色と白で色づくりをする」「輪郭線は描かない」「となりとなりと筆を進める」「終わったところは振り返らない」「画用紙の大きさに囚われない」などという基本的な決まりがあります。いわゆる「束縛」です。この「束縛」があるために,かえって自由に描けるといる不思議な方法です。
 実際,できあがった子どもたちの絵を見ると,同じ方法で書いたとは思えないほど多様で個性的なものばかりです。
 今回は,3年生だということを忘れて,説明が足らなかった部分もあり,反省しています。それでも子どもたちはとても集中して絵を描いてくれました。写真はその一部です(名前が特定されるかも知れないので,拡大はできません)。

|

« 「よい風呂の日」だなんて… | トップページ | 益谷秀次と能登線 »

授業のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/51510746

この記事へのトラックバック一覧です: キミ子方式で「もやし」:

« 「よい風呂の日」だなんて… | トップページ | 益谷秀次と能登線 »