« すべてのものは原子でできている | トップページ | 塩ゼリー »

計画停電は回避できるか

110412  東京電力の計画停電が今後回避されるようです。みんなの節電のお陰で今後の見通しがたったようにも思えます。が…

 以下のHPを見ると,右図のように「今日の1時間ごとの電力使用量(水色の棒グラフ)」「ピーク時の最大供給力(黒色の短い横線)」「昨日の使用量の実績(赤色の折れ線グラフ)」,さらに「昨年相当日の実績(青色の折れ線グラフ」を見ることができます。要するに,昨年と今年の同じ日の電力を比べることができるんです。
 これを見ると,昨年の同じ日に使った電力量と比べ,今年は,500万キロワットくらい消費電力が減っているようです。でも,「本日のピーク時の供給力(黒い横線の部分)」は,昨年の実績をも上回っています。ですから,要するに昨年通り電気を使っていたとしても,東電の供給量には余裕があることになります。ま,僅かですが…ね。
 原発も火力発電所もほとんど止まっている状況にもかかわらず,ピーク供給量が(節電しなくても)間に合うというのは,なんか変な感じがします。夏になるともっと電力を使うと思いますが,電力会社が煽るようには不足していないことも確かなようです。
 火力発電所が復活すれば,原子力発電所がなくても夏を乗り切れるでしょう。もともと原子力がなくても余裕はあったのですから。

→東電「電力の使用状況グラフ」
  http://www.tepco.co.jp/forecast/index-j.html

|

« すべてのものは原子でできている | トップページ | 塩ゼリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/51371700

この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電は回避できるか:

« すべてのものは原子でできている | トップページ | 塩ゼリー »