« 広瀬隆著『原子炉時限爆弾』 | トップページ | 元「のと鉄道宇出津駅」 »

桜が花ごと,ぼとり…

110423 昨日の朝,学校へ行ったら,桜の木の下に5年生の女の子たちが桜の花を拾っていた。
 桜というのは花びらになって散っていくのではなかったか? そして萼の部分と柄の部分が残ってサクランボになるような…。今回のように,花ごとぼとりと落ちているのはなんとなく気持ち悪い。
 木の上には数羽の鳥が遊んでいたので,それらが落としたのかも知れない。
 子どもたちも,いつもと違った桜の姿に驚いていたようで,このあと担任の先生に花を持ってきた子もいたようだ。
 自然の姿に敏感になって生活するって大切なことだと思う。この子たちも何かを感じていたんだろうなあ。

|

« 広瀬隆著『原子炉時限爆弾』 | トップページ | 元「のと鉄道宇出津駅」 »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

トニイさん。
そうですか,ヨソでもあったんですね。
たぶん鳥のせいだとは思うのですが…
今までの経験では,ヒヨドリなどが蕾のうちについばむと,桜がぱらぱらとしか咲かないというのは見たことがあるのですが,今回のように,咲いた花がまだ元気なうちにぼとっと椿のように落ちるのは見たことがないんです。気持ち悪いですね。

投稿: 珠洲たの管理人 | 2011年4月25日 (月) 20:43

そちらでも,そのようなこと(桜の花がポロリ)がありましたか。
私のところでは無いのですが,金沢在住の方で同じ現象を昨年にも経験された方がいらっしゃいます。
散り方が普通じゃないので気味悪いですね。

投稿: トニイ | 2011年4月25日 (月) 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/51488335

この記事へのトラックバック一覧です: 桜が花ごと,ぼとり…:

« 広瀬隆著『原子炉時限爆弾』 | トップページ | 元「のと鉄道宇出津駅」 »