« 福島第一原発の爆発について | トップページ | 最初から本気にしていないから「神話」なんでしょ »

東寺の五重塔

110312 ふだん入ることのできない東寺の五重塔が「第45回京の冬の旅 非公開文化財特別公開」の一環として公開されていることを知った私たちは,さっそく東寺へと向かいました。
 東寺の五重塔は,国宝で55mあり,木造の塔としては日本一です。写真の屋根の上に見えるのは半月です。ちょうど上弦の月が出ていました。落雷などでこれまで4度焼失しています。今見ることができるのは1644年,家光の再建によるものだそうです。
 この中には,心柱を大日如来に見立て,その周り(東西南北)にそれぞれ金剛界四仏を安置しています。他にも幾つかの仏像が建っていました。柱や長押には極彩色の絵が描かれていて圧倒されました。
 そうそう,五重塔の前で大学生のバイトらしき男性が,今回の見学の視点を教えてくれました。時々雪のちらつく寒い日でしたが,うれしそうに話していて感心しました。写真も撮らせてもらったけど…ちょっと照れていました。

|

« 福島第一原発の爆発について | トップページ | 最初から本気にしていないから「神話」なんでしょ »

百寺巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/51109295

この記事へのトラックバック一覧です: 東寺の五重塔:

« 福島第一原発の爆発について | トップページ | 最初から本気にしていないから「神話」なんでしょ »