« 『知られざる原発被曝労働』 | トップページ | サケの稚魚の放流 »

大潮の時期だから

110322 久しぶりに能登の話題です。
 うちの近くに「恋路海岸」と呼ばれている観光地があります。数十年前の観光ブームの折りには,この土地の「恋路」という名前とその恋路に伝わる「悲恋物語」のお陰で,多くの観光客で賑わっていました。民宿もいっぱいでした。しかし今は,鉄道の線路もなくなり,訪れる人もめっきり少なくなっています。ただし,夏にはまだまだ人は多いようです。お祭りは7月の末にあります。

 その恋路海岸には弁天島と呼ばれる小さな祠のある小さな島があります。ふだん海水にかからずにここへ行くことはなかなかできません。写真の鳥居の辺りも海水に浸かっているからです。でも干潮の時には行くことができます。
 この間の日曜日,今までで一番と言うくらいに潮が引いていました。大潮の時期だからでしょう。観光客のみなさんも鳥居のところで記念写真を撮っていました。
 みなさん、能登に来たときには是非恋路海岸においで下さい。なにもないところだけど,それがかえって良かったりします。

|

« 『知られざる原発被曝労働』 | トップページ | サケの稚魚の放流 »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/51193845

この記事へのトラックバック一覧です: 大潮の時期だから:

« 『知られざる原発被曝労働』 | トップページ | サケの稚魚の放流 »