« 水草水槽に挑戦 | トップページ | カシミール地方 »

世界地図の「白い部分」

 先日,ある若いお母さん先生から「先生,世界地図に白い部分があるんですが,なぜですか?」という質問がありました。場所は,アフリカ西海岸と中国・インド・パキスタンの国境近く,それに樺太のあたりです。
 私は「たぶん,それは領地がまだしっかり確定していない場所だろう。日本の国が認めていないってことじゃないの?」とこたえておきましたが,さすがに気になります。
 中国・インド・パキスタンの国境のところはカシミール地方だということは想像がつきます。アフリカの当たりはあまり調べたことがありません。そこで,ちょっとだけネットサーフィンをしてみました。
110209 今日は,アフリカ西海岸の「白い部分」の話をします。
 この場所は,子どもが持っている地図では「西サハラ」と書かれています。すぐそばに「カナリア諸島(スペイン)」とありますので,もしかしたらこの場所も元はスペインの植民地だったのかも知れません。そんな予想のもとで調べてみました。
 ここは「サハラ・アラブ共和国」という国です。もとは「旧スペイン領サハラ」という場所でした。だからちゃんと国はあるのです。ただし,北となりのモロッコが実効支配しているので,問題がややこしくなっているらしいです。

Flag_of_western_sahara ウィキペディアによると「2011年2月現在,アルジェリア,南アフリカ共和国,メキシコ,ベトナムなど58ケ国から承認を受けている」らしいです。国連には加盟していませんが,アフリカ連合には加盟しています。
 日本はモロッコなどとの関係から承認していません。だから国定教科書としての地図には載っていないんですね。
 ちなみにサハラ・アラブ共和国の国旗は上のとおり(ウィキペディアより)。赤・黒・緑そして三日月が含まれた完璧なアラブ柄ですね。

|

« 水草水槽に挑戦 | トップページ | カシミール地方 »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/50822984

この記事へのトラックバック一覧です: 世界地図の「白い部分」:

« 水草水槽に挑戦 | トップページ | カシミール地方 »