« 感動した「カタール戦」 | トップページ | 『もしもドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら』 »

『ぼくらはガリレオ』

110123 板倉聖宣さんの『ぼくらはガリレオ』が,新しく岩波現代文庫に入りました。今までは,大きな本だったので,科学コーナーにおいてあったりして,普通の大人の人は手に取ることも少なかったと思います。でも,こうして現代文庫の一冊になると,いろんなジャンルに興味のある人がその棚を見るので,「おお,このタイトルは…」とか「板倉ってもしかしたら…」とか言って手に取る人が増えるかもね。
 岩波のHPでは,編集者の言葉がしっかり書かれています。その最後は次のようにしめられています。

 本書は,板倉先生の仮説実験授業をまさに体現した本といえます.子どもに限らず,わたしたちが科学的事実をどのように理解すべきなのか,また他人に教えるとしたら,どのように順序立てて説明するとよいのかなど,たくさんのヒントに満ち満ちています。

 右のページでご覧下さい。http://www.iwanami.co.jp/hensyu/genbun/
 私も新版を買おうかなあ。なお画像の本は,旧版の本の方です。私の持っているやつは,1984年版です。

|

« 感動した「カタール戦」 | トップページ | 『もしもドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら』 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/50668576

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくらはガリレオ』:

« 感動した「カタール戦」 | トップページ | 『もしもドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら』 »