« 『ぼくらはガリレオ』 | トップページ | 120センチの釘抜きに変身 »

『もしもドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら』

110124 どうです。表題を聞いただけでもおもしろそうでしょ。腰巻きには「のび太でもわかる!? まったく新しい経済入門」と書かれています。
 この本は単なるドラえもんの秘密道具の説明書ではありません。本のタイトルにもあるように,「その道具が実現するためには,どんな会社が動き,どんな顧客や仕事が増え(あるいは減り),社会的にはどんな問題が起きて,法整備が必要になったりするか」というようなことをある意味真面目に考えてあるのです。

 例えば,冒頭のタケコプターの場合は…

 自転車やバイク,電車に代わる近距離移動手段として大ヒット。「空の通勤ラッシュ」が発声し,空の交通規制が敷かれた。…(中略)…一方で,「空飛ぶ権利とプライバシー権」をめぐる人権問題など,新たな社会モラルを問う議論も活発に交わされるようになった。(12p)

などと書かれています。どうです,読みたくなったでしょ。

|

« 『ぼくらはガリレオ』 | トップページ | 120センチの釘抜きに変身 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/50681522

この記事へのトラックバック一覧です: 『もしもドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら』:

« 『ぼくらはガリレオ』 | トップページ | 120センチの釘抜きに変身 »