« 「じぃの科学だいすきブログ」 | トップページ | 日照時間が短い石川県 »

『未来の科学教育』

101213 仮説実験授業を提唱した板倉聖宣が一番最初にまとめた単行本に『未来の科学教育』(国土新書,1966)があります。私も教師になる前に買って読んだ記憶があります。
 実は,この本より先に他の仮説実験授業を研究しているメンバーの単行本が先にまとめられ出版されています。例えば庄司和晃著『仮説実験授業』(国土社,1965)。
 この度仮説社から新装増補版の『未来の科学教育』が出版されましたが,今の仮説社の社長は44年前は国土社の職員でした。それで,仮説社のブログで,44年前に『未来の科学教育』の出版に関わったときの裏話を読むことができます。
 とてもマイナーな話題ですが,興味のある人は読んでみてください。

○今日の仮説社
 http://kasetusha.blog71.fc2.com/blog-date-201012.html

|

« 「じぃの科学だいすきブログ」 | トップページ | 日照時間が短い石川県 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/50296914

この記事へのトラックバック一覧です: 『未来の科学教育』:

« 「じぃの科学だいすきブログ」 | トップページ | 日照時間が短い石川県 »