« 『未来の科学教育』 | トップページ | 『気ままに仮説実験」というブログ »

日照時間が短い石川県

1201214_2  昨日は,朝からどんよりと鉛色の空。いよいよ能登も本格的な冬を迎えました。まだ雪は振っていないけど,今週には一雪ありそうです。それで朝から気分も…。
 そんな話を職員室でしていたら,「日照時間」の話になりました。私の記憶では「石川県の日照時間が全国で一番少ない」と思っていたのですが,調べてみると,どうもそうではありませんでした。過去の記録を見ると石川県(金沢市)は,全国で40位前後です。
 気象庁では,過去30年間の記録で右のようなグラフ地図を作っています。各月ごともありますので,興味のある方はご覧下さい。
 日本の日照時間はだいたい2000時間~1500時間くらいです。石川は1500時間~1600時間なので,ま,低い方。珠洲もそれくらいのようです。

|

« 『未来の科学教育』 | トップページ | 『気ままに仮説実験」というブログ »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

そうですね。学校の中でさえ「今年雪が少ないねえ。やっぱり温暖化の影響かねえ」なんて話題が出るご時世です。そんな風に考えることの非科学性に注意していないと,なんでも温暖化に結びつけて子どもたちに話してしまいそうです。

投稿: 管理人 | 2010年12月19日 (日) 13:05

「地球の気温は振り子のようなもの」

ず〜っと温かくなり続けることもなければ、冷え続けることもない。でも、ある科学者の方によれば、「あと5年間が温暖化による恩恵を受ける最後のチャンス」なんてお話もあり(笑)


環境問題は、コペルニクス的な視点がものすごく大切になると思います。自分たちのところがこうだから、世界各国も…っていうことはなくて。いろんな可能性や“もし寒冷化しちゃったら”などなどいろんな想定をしなきゃいけませんよね☆

投稿: salir | 2010年12月18日 (土) 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/50297025

この記事へのトラックバック一覧です: 日照時間が短い石川県:

« 『未来の科学教育』 | トップページ | 『気ままに仮説実験」というブログ »